死者の言葉

死者の文学


かたりて はるちゃん


P3070013_R_20140308111709eea.jpg


昔々の大昔 



死者の声を伝える女性がいました 


P3070015_R_2014030811171219c.jpg


その女性は 


短く美しい歌を詠んで


それで死者の声を伝えました 


P3070018_R.jpg


その歌は 今の感覚で言えば


短歌や俳句 そしてポエムに近い言葉かもしれません 


P3070020_R_20140308111718650.jpg


詩とは もともと死者の言葉からはじまりました


死者の言葉が 鳥族に伝わって それで俳句や 韻を踏む詩ができていったんです 


P3070022_R.jpg


原初の死者の言葉は 


文字数の制限や 韻を踏むとか そういう決まりはありませんでした



P3070026_R.jpg


心に打ち込むような言葉の羅列 心に響くような言葉の配列 そこに主眼が置かれていました 




P3070029_R_20140308111743561.jpg


そしてはるちゃんは あめを見ました


死者の文学が蘇ってくるのを 


死の言葉が 生者たちの間に伝わってくるのを 



P3070034_R.jpg



朝 こんなからすの言葉を聞きました 



「 俺達の文学を盗った 黒い花はぼく ぼく 俺 ぼく 


僕はしちょう 僕はしちょう 私はしちょう 」



そういえば生贄市長は勘違いしてますが


昔の市長は 死者の言葉を伝える人のことです  



Tag:メニュー 

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

お姉さまブログ

幻の桜
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/


お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/




ブログについては
こちらのページをご参照ください
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-date-200009.html/


地球を救えますように
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム