春分さま

春分さま


かたりて えんえん



P3240003_R_20140324201336525.jpg


春分は 昼と夜が半々とされていることから


その昔 あの世とこの世のとびら 想念と現実の扉の日とされていたのです よ 


P3240005_R.jpg


そしてそんな春分の日にあらわれる姫さまが


春分さまなのです 


春分さまは 髪の長い とてもきれいなおねえさんで



ボキャブラリーの神様とも言われているです



P3240009 (2)_R


ボキャブラリーの神様?


そんなご質問の声をいただくかもしれないので


どういうことかざっくり説明しますと 


春分さまの想念がつくと マジシャンランゲージがとても上手くなるのです

 


P3240011_R_20140324201340bd0.jpg


要は春分さまとは 世界の中での神様で


言葉使いをつかさどる神とされていて


特に生きた人から人への コードチェンジを得意とする


神様とされているのです 



P3240012 (2)_R


ほら ことば使いって


使い方一つで 見てる想念に 


相手から了承をとりつけたと錯覚されること たやすいじゃないですか?



だから春分さまは 言葉で運ぶ能力をアップするのに 不可欠な神様と言われてるのです  




P3240014_R.jpg


そして春分の日は 


文字通り春に分けあう日


世界の中で つけかえに最も適した日の一つとされているのです 




P3240015 (2)_R


そういえば 春分の日  


しんぞーちゃん 忙しいのに


わざわざタモリさんに会いに行ったじゃないですか?


あれは春分の日が


タモリさんに乗った日本の芸能界を動かすコードを回収するのには 


最も ベストタイミング ベストマッチングの日だと 知ってたからですよ  



P3240016 (2)_R





そし

あの後のタモリさんご覧になりましたか?


いきなり下弦の月の今日 


 「 めんどくさい 」とか「 終わるとか 」抜け殻みたいな発言してるですよ 



P3240018_R_20140324201359a75.jpg



そして

春分さまはですね


俗に 芸能の神様とも呼ばれているのです


だって横から横へ 想念を運ぶコードですからね


人気運なんかも 横から横へ運べるんですよ  



P3240020_R.jpg



まあ春分さまとはからす族や


横から横へ運ぶ族にとっては 


とてもありがたい存在で


そして春分の日は ある意味 運ぶ族の種族によっては


冬至や夏至を超える以上に おめでたい日とされているのです 




P3240021_R.jpg


だって


春分さま


春に分けて 


夏至


夏に至る


秋分さま


秋に分けて


冬至


冬に至る 


鳥族は耕すのは苦手です


だから冬や夏に至った収穫を 分けていただく日なんです


春分の日 秋分の日は 


鳥族 特にからす族にとって そのようなおめでたい日なのです 



P3240025_R.jpg


まあそんな感じで 


収穫を 横から横へ運ぶのにも最も適してると言われてるです



そして昔のキリスト教のイースターも 実は春分の日に行われていたんですよ 


復活するには 分けあわないと無理だって 知っていたですね 



P3240029_R.jpg





ところで話は変わりますが


想念体をご覧になられる方々


しんぞーちゃんの後ろにいた想念体


お気づきになられましたか?  



えんえんも後で動画を確認してみますけどね


ガキンチョがしんぞーちゃん 指さして言ってたんですよ



春分さまがいる 


後ろに 春分さまがいた! 」って 





Tag:こいはこいこい 

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

お姉さまブログ

幻の桜
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/


お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/




ブログについては
こちらのページをご参照ください
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-date-200009.html/


地球を救えますように
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム