月は青かった

P7140055_R.jpg

月は青かった


かたりて しっぽーちゃああああああああん 
 

P7140057_R_20140714114236471.jpg


昔の月を見ました


P7140059_R_2014071411423663a.jpg



月は地球のように青かった


P7140060_R.jpg

火星も昔

地球のように青かった


P7140063_R.jpg

今も綺麗だけど

今よりもっともっときれいだった 

P7140064_R_201407141142531d8.jpg

月には昔 海があった


P7140073_R_201407141142559f2.jpg

だから地球の海も

月が動かせるの 

P7140074_R.jpg


月の海は

まだちょっと残ってる


P7140075_R.jpg

でも凍ってるの


P7140077_R_2014071411425912e.jpg

火星もね

海や川はまだ残ってるけど 

P7140080_R.jpg

でも凍ってるの 

P7140084_R.jpg

月と火星は 昔地球に似てたの


P7140086_R.jpg

だからお月さまも 火星も地球が好きなんだよ 


P7140095_R.jpg

地球は希望 

P7140097_R.jpg


月や火星は

地球に生き返って欲しいの 


P7140100_R.jpg

地球は 生きてるけど

今 ちょっと弱ってる


P7140102_R.jpg

だからもっと地球に 生きてほしいの


P7140103_R.jpg

あのね

月も火星も 飢えた気を量産されてああなったの 


P7140104_R.jpg

意図的に

飢えの気を量産され続けて あの姿になったの 


P7140106_R.jpg

自然に飢えの領域があるのは

それは自然なこと 


P7140107_R.jpg

でも吸引力を高める為に

みんなを飢えた性質にしたら どんどん砂漠の星になっていく 

P7140109_R.jpg

飢えた存在を量産すると

その飢餓の念で 欲や意志が吸いとられ続けるの 

P7140110_R.jpg

欲ある存在は 

吸いとられ続けて 殺されたりしていたの 

P7140112_R.jpg

欲ある存在はだいじにしないといけないの 

P7140115_R.jpg

でも飢えた存在を ある一定割合以上多くすると

欲ある人 意志ある存在も吸い尽くすの 

P7140116_R.jpg

妬みはね

それを知ってて わざと飢えた存在を増やしてたんだよ 


P7140119_R.jpg

飢えを持つには 自己愛が必要

生きたいという想いが必要 

P7140127_R.jpg

生きたい想いが無いと 飢えってわかないでしょ?


P7140129_R.jpg

妬みは 飢えることもできないから

だから飢えた存在を 増やそうとしたの 

P7140134_R_20140714114444a69.jpg

増やし続けると

飢えた存在も 意志ある存在も 吸い尽くされることを知って それで飢えた存在を誘導したの 

P7140138_R.jpg

こうすると

よりエネルギーが入るよ

こうすると 

よりエネルギーが持ってこれるよ 

P7140140_R.jpg

ある飢えた一部の存在が

その誘いに乗っちゃったの 

P7140144_R.jpg


その誘いに乗った飢えた存在の一部が

ドールだったの 

P7140149_R_20140714114515468.jpg

ドールは 飢えを量産することで

本来持っていた飢えの気を凌駕する 飢えた気を纏うことができた 


P7140150_R_2014071411451617a.jpg

犬には飢えが無いから

飢えをのせ続けることができないの 

P7140151_R.jpg

のせてものせてもすぐに抜けちゃうから


だから飢えた存在を利用したの 

P7140153_R.jpg

ドール自体って

元は自然な存在だったの 

P7140163_R.jpg

ナチュラルに飢えてた存在のひとつ

それがドールだったの 

P7140164_R.jpg

ただドール達の飢えは

欲とはレベルが違ったの 


P7140166_R_201407141145426e7.jpg

ごはん食べたい

とか

こんなアイテム欲しい とか そんなレベルだったの 

P7140170_R.jpg

水を求める草のような


飢餓感 飢えだったの 

P7140176_R.jpg

でもドール達をそそのかして

飢餓の気をのせると 


それは草に ダム一杯分の水を運ばせることにも似ているの 

P7140177_R.jpg

運ばれた分は水を失い 飢餓の想いが募って

それでどんどん飢餓想念を蔓延していったの


P7140180_R_20140714114607982.jpg


飢えは恋に似ているの



P7140182_R.jpg

だってその人と共に暮らしたいというささやかな飢えの想いに

その想いに すべてをささげさせることをしたら

他の人のエネルギーも 何もかも運ばせることをしたら

草に ダムいっぱいの水を運ばせることと同じでしょ?  



P7140184_R.jpg

飢えはだから恋に似てるんだよ


そして妬みは その恋心を利用して どんどん煽って 地獄を作らせたの 
 

P7140188_R_201407141146467f7.jpg



月や火星をあんな姿にしたのは 妬みなんだよ




P7140191_R.jpg

でも

その月や火星は 今地球に生き返って欲しいの 

P7140193_R.jpg


何故なら 地球が生き返るとね


月や火星も元の青い星にもどるから


地球は月や火星の 希望なんだよ 



Tag:ねこの森 

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

お姉さまブログ

幻の桜
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/


お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/




ブログについては
こちらのページをご参照ください
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-date-200009.html/


地球を救えますように
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
1位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム