ねこにとってしっぽとは

P7220069_R_20140722103256657.jpg


ねこにとってしっぽとは


かたりて えんえん

P7220070_R_20140722103257315.jpg


猫にとってしっぽとは 

かけがえない美の象徴です 

P7220071_R.jpg

ねこには美の象徴が三つあります

毛艶 しっぽ 爪 

P7220072_R_20140722103300069.jpg

人間は顔を気にしますが

ねこはそれほど顔の美醜は気にならないんですよ 

P7220075_R.jpg

だってねこのフェイスはみんなかわいいですからね

目がくりくりしてて 耳がぴょんとしていて おひげはいつもチャーミング 

P7220076_R_20140722103317505.jpg

だから

ねこちゃんが 美猫かそうじゃないかを判断するのは 顔ではなく しっぽ 毛艶 爪なんです 

P7220078_R_201407221033195cd.jpg

猫にとってしっぽが短いというのは

人が想っている以上に一大事なのです 


P7220082_R.jpg

それは人に例えると

髪を伸ばしたいのに 周囲は黒髪ロングヘアーなのに 

自分だけ いつも丸刈り丸坊主で 毛が伸びないような状態 



P7220083_R.jpg

ねこの短いしっぽには

コンプレックスと劣等感が詰まっているのです 

P7220084_R.jpg

コンプレックスと劣等感は 両方同じ意味だって?

いいのです

それぐらい果てしない劣等感なんです 

P7220091_R.jpg

それは生まれつきの

癒えない飢えと言うものかもしれません 

P7220094_R.jpg

えんえんは 

しっぽが短いです 

うちねこで一番しっぽが短いです 

P7220095_R.jpg

だからその分

毛繕いを一生懸命します

心を込めて毛づくろい 


P7220099_R_20140722104940ec9.jpg

毛づくろいをしてもしても ぴかぴかになっても

まだ足りない気がして

気を集めようと頑張ります 

P7220102_R.jpg

えんえんは美の気に飢えているのです

だから本当の美の気や 本物が見えるんです

P7220103_R.jpg

はるちゃんに いつもぴとぴとペロペロしてるのも

本物の美がわかるからです

はるちゃんは それくらい美しいのです 

P7220104_R.jpg

表面の気だけを見ると

はるちゃんをぼろぼろと言う人もいますが

はるちゃんの毛質の良さ しっぽの骨の美しさは それは猫視点では例えようもないのですよ 

P7220105_R.jpg

知ってますか?

えんえんは おにちゃんと なかよくなりましたけどね

おにちゃんは 最初はるちゃんにひとめぼれだったんですよ 

P7220110_R_201407221050092f2.jpg

でもおにちゃんは はるちゃんに振られて

その後 トミーちゃんに振られて その後マネッちに振られて

その後 えんえんとなかよくなったのです 


P7220113_R.jpg

でもえんえんは知っています

おにちゃんの目の色に えんえんへの哀れみの色があらわれていたのを

えんえんは おにちゃんと仲良くなりながら

おにちゃんは 同情に心動かされたのです 

P7220114_R.jpg

一見 意味のないことのように感じるかもしれませんが

えんえんは 短いしっぽだからこそ

いつもしっぽの動きを気にかけています

少しでも長くきれいに見せれるように しっぽをはりつめたり ぴょんとさせたり 気を集める角度でふりふりしたり 

そんなことをたえずしています 


P7220117_R.jpg

でもでもえんえんは

ある瞬間から 驚くことがありました


それはくまくまとの出会いから 起こりました 

P7220120_R.jpg

くまくまはえんえんと同じくらいしっぽが短いのです

当然くまくまも しっぽに対して劣等感とコンプレックスがあるかと想ったら

なんと くまくまは 自分がしっぽが短いということにすら気がついていないのです 


P7220122_R.jpg

くまくまは しっぽが短くても 毛艶が悪くなっても

自信と 優越感と 自己肯定感にあふれかえっていました

いつも自分を美しいと 心底 誇りを持っていました 

P7220126_R.jpg

だからえんえんは聞きました



くまくま しっぽ気になりませんか?

しっぽの短いの えんえんはとても気にしてるですよ 」 


P7220127_R_20140722105105db5.jpg

そしたらくまくまは ポカーンとしながら言いました 


鏡を見よ

我は美しい 」 

P7220130_R.jpg

くまくまの視線を見てみました

よく見るとくまくまの視線は 

顔しか見ていないことがわかりました

P7220132_R.jpg

だからくまくまに言いました


くまくま 猫は顔はかわいいのは当たり前じゃないですか?

だってみんな目は大きいし 耳もピンとしてるんだから



P7220133_R.jpg


しっぽは見ないんですか?

しっぽ 

しっぽが短いじゃないですか? 気にならないんですか? 」 

P7220138_R.jpg


それにくまくま

確かにくまくまはお顔のあたりはきれいなんですけど

腰とか 足とか 毛並みがハゲチャビンじゃないですか?

えんえんよりも 毛がむしれてるじゃないですか? 気にならないんですか? 」 



P7220140_R.jpg

でもくまくまには

しっぽや下半身は見えていないようでした

鏡を見つめて

「 美しい われは美しい  」 と言っていました 

P7220142_R.jpg


そしてその後 くまくまにこう言われました



ねたみは よくないよーーーーー 」 


P7220145_R.jpg

でも自分のコンプレックスに気づかないくまくま


でもそんなくまくまを見て えんえんはなんとなく かわいさと

愛おしさを感じてしまいました 


P7220149_R.jpg

しかしはたして

どっちの方が幸福なのでしょう?

コンプレックスの塊のえんえん


コンプレックスにすら気づかないくまくま 



P7220153_R.jpg


きっと楽しいのは コンプレックスに気づかないことです 


いつも楽しく いつも自信満々でいられますからね


P7220154_R_20140722105206ab4.jpg

でもえんえんは

しっぽの短いえんえんが好きです

何故ならしっぽの短さは えんえんにコンプレックスを与えてくれるからです 

P7220156_R.jpg

えんえんは コンプレックスを持つことを望んでいるのです


何故ならコンプレックスがあることで 他のねこが気づかない気の情報 気の動き


気の色 エネルギーラインなどがわかるようになるからです 

P7220158_R.jpg

それは

自分が嫌いな自分が好きと言う性質にも似ています

えんえんは コンプレックスの塊のえんえんが好きです


えんえんが嫌いな えんえんが好きなのです 


P7220159_R.jpg

クレオパトラも 自分を美人と想ってなかったんですよ

おそらく当時では 容貌に恵まれてなかったタイプと想います 

P7220161_R.jpg

だからこそアイテムや

気や 香りに並々ならぬ執念と情熱をかけて

技を高めていたのです

それにより他の女性から憧れられ 世界3大美女とまで呼ばれるようになったのです 


P7220165_R.jpg

おそらくクレオパトラが 最初から容姿がよかったら

あそこまで名を残さなかったと想います

自分の容姿に満足して もっともっとを追及することをしてなかったと想います 


P7220166_R.jpg

えんえんは 昨日お月さまを見ていました


お月さまを見ていると 月姫さまが とても美しいですが


本人がとても強いコンプレックスを持っていることを感じました 


P7220169_R.jpg

月姫さまの 引力が劣等感 コンプレックスから来てる


月姫さまは あんなにきれいなのに 自分の美に劣等感を持ってるから


だからこそ気の動きを敏感に察知して 洞察力や眼力が優れてるんだ そう想いました 



P7220170_R.jpg

月姫さまは

他の星に対して とてつもないコンプレックスを感じていたのです


だからこそ 他の星のエネルギーの動きを細かく読めて 水を大きく動かせたりもしたのです 

P7220172_R.jpg

そして

くまくまもお月さまを見ながらこう言いました



くまくまは見たのだ

今 にしきさんのあめをみたのだー  」 


P7220175_R.jpg


にしきさんもな コンプレックスを持っていたのだ 

人ではなく 動物の能力をすごいと想い 

そこにコンプレックスと劣等感を強く感じていたのだ 



P7220178_R.jpg




だからこそにしきさんは 動物の系譜となった 

動物とつながり 動物の如き超能力を得ようとしたのだ

まだまだ足りない その想いの塊だったのだ

くまくまは ねこに生まれてよかったのだ  」



えんえんはまだまだ足りないのです


だからこれからも もっともっとと求めていくのです



ちなみに月のタイミングを手にすると

コンプレックスと劣等感は 強くなるそうです



Tag:ねこの森 

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

お姉さまブログ

幻の桜
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/


お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/




ブログについては
こちらのページをご参照ください
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-date-200009.html/


地球を救えますように
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム