虹色のこんぺいとう

虹色のこんぺいとう


かたりて シリアスえんえん



P1190174_R_2016021011163474b.jpg



すべての人間は二重人格なのです


P1190175_R_20160210111635585.jpg



表と裏

想念と現実

違う行動をしてるのです


P1190179_R_201602101116429bf.jpg



あのですよ

人の不幸は蜜の味 

ことわざありますけどね

想念の領域 夢の領域で 注目が集まっているのは

圧倒的に不幸な人 もしくは落ちぶれていく人なのです 


P1190181_R.jpg




意識では

落ちていく人を見て 優越感や快楽を感じる自分を 認めたくないんですよ

自分が悪人になったような気分がしますからね


だから落ちていく人を見ると 無視したり 関わらないようにしようとしたりするんですよ



P1190190_R.jpg




でも想念の領域では

がんばれー がんばれーって言いながら

エネルギーを送ってるのは 圧倒的に優越感を感じさせるくらい不幸な人の方なんです


夢の領域を見ると

孤独に落ちていく人は 一見誰も傍にいないようで

ものすごい数の人の注目や 想念が集まっていたりするんですよ


P1190192_R.jpg





そして意識ではですよ

憧れの人 時の人 もしくは特権階層のような人を見て

すばらしいですねー 

ああ なりたい と口に出してる人多いですけどね


夢の領域では

むしろ無関心か もしくは 消えちまえ っていう憎悪の念がとても飛んでいるのです



P1190197_R_20160210111709dd9.jpg




無意識に劣等感を感じさせる存在は

存在の性質として 

攻撃や戦闘態勢の対象になるんですよ

これは無意識的な感情の動きなので  

どんなに口ではきれいごとを言っても

意識でおさえようとしても抗えようがないんですよ 



P1190198_R.jpg



それを指摘しても

意識では 大抵の人は否定するはずです

だって気づくのが怖いんですから

無意識的に劣等感を感じていて それを攻撃している自分という姿に

その本性を認めたくないのです


P1190200_R_20160210111714d5c.jpg




そして

本物のドラマや 心の琴線に触れる物語は 

この人間の優越感 劣等感の攻撃性を踏まえて描かれてる物が多いのです

一見 臭い芝居の 悲劇のヒロイン物 

これでもかーというベタなパターンの物語

意識ではなく 無意識の情動に向けて

大衆が優越感を感じるように描かれてるパターンが多いのですよ



ストーリー自体は臭くても

大衆が優越感を感じるような設定があったりすると

大衆はそこに快楽を感じて がんばれーのエネルギーを注ぐんですよ



P1190201_R_20160210111716949.jpg




最近多い セレブ自慢の番組とかは逆なんですよ

憎悪と嫉妬と攻撃の念が 大衆からどんどん飛んでいくんです

だからスターはブランド服は着ない方がいいんですよ

豪邸自慢なんて もってのほかなんです


視聴率を得たいのならば テレビ局が年収自慢をするなんてのももってのほかで

みんな貧乏で苦しんでいて 3K職業だけど みんなを楽しませる為に

悲劇のヒロイン物語を作っています

そっちの方が 視聴者からの応援や信頼を得やすいのです 





P1190204_R.jpg




第一

スキャンダルまみれをリアルでやってる人の方が 

実際 視聴率はとってたりするじゃないですか 

知ってますか? 最近スキャンダル続出の人は 芸能人もスポーツ選手も 人の注目を浴びたいと想ったから ああなったんですよ


人の心は 残酷なのです


現実を欲しい人と 

心が欲しい人とは行動が違うのです 







Tag:みずのじだい 日記 

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

お姉さまブログ

幻の桜
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/


お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/




ブログについては
こちらのページをご参照ください
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-date-200009.html/


地球を救えますように
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム